薪ストーブの驚くべきメリットとは

薪ストーブとは言葉通り、薪を燃やして温まる昔ながらのストーブを指し、近年その魅力に注目が集まっています。メリットの1つとしてあげられるのが空間全体を持続的に暖めてくれることです。部屋全体が暖まっているため途中で火が落ちても、急激に部屋の気温が下がる心配がありません。全面の扉に大きな耐熱ガラスがはめ込まれているため、炎を見ることができるのも魅力の1つです。炎を見ているだけで心が落ち着き、レトロな雰囲気の外観や炎はインテリアとしても魅力的です。材木の確保や手頃な大きさに割る手間などという手間を体験して、炎で暖まるという行程が最大の魅力ともいえます。また、鍋物などの調理にも使用できるため、寒い時期に家族で食卓を囲むことも多くなり家庭円満にもつながるでしょう。

薪ストーブの購入時に心がけたいポイント

購入したいときに心がけたいこととして、自身の生活環境に適した大きさのものを選ぶことが挙げられます。国内産や外国産と種類が複数あり、自宅の間取りにもよって変わってくるため始めは家族が集まる場所のみや間取りを考えて選ぶようにしましょう。また、小さいお子さんがいる場合はヤケドを防ぐためにも本体が熱くならないタイプのものを選ぶことも大切です。インテリアとしての使用目的ならともかく、暖房器具として使用する場合は購入後のメンテナンスも考え部品交換を簡単に行うことができるメーカーのものを選ぶのも良いでしょう。本体だけでなく煙突も重要です。煙突は掃除が大変なので購入はススが溜まりにくい垂直部分が多いタイプを選ぶのが良いでしょう。暖房効果を高めたい場合は、炉内が大きいタイプのものがおすすめです。

快適に使用するためにメンテナンスを

快適に使用するためにも日々のメンテナンスが重要です。ガラス部分は汚れやすいので、ススが落ちにくくなる前に専用のガラスクリーナーを使用して汚れを拭き取りましょう。研磨剤が含まれているものはガラスに傷が付いてしまうため使用は避けましょう。本体表面の汚れも忘れずに拭き取ります。長く使用するためにも、定期的に火が入っていない状態の時にボトルやネジと入った部品を1度ゆるめ再び締め直すという作業を行いましょう。定期的に行うことで熱による固着やさび付きで部品が外せなくなるといった事態を避けることができます。また、シーズン中は炉内の灰は毎日取り除く必要はなく、ドアを開けた時にこぼれそうな分のみスコップで取り除くようにしましょう。ある程度灰を残しておくことで蓄熱力があがり、薪の火持ちも良くなります。