レトロな薪ストーブの魅力を再発見しよう

近年、日本の住宅では薪ストーブを見かけることは少なくなりました。現在では、石油や灯油、ガスを燃料としたものや電気で暖めるものが一般的です。またエアコンの性能も良くなり、エアコンだけで部屋を暖めることもできるようになりました。しかし、最近住宅を購入する人の中には、薪ストーブを導入する人も増えています。手間がかかり不便なイメージがありますが、それ以上にメリットが多く魅力がたくさんあるのも事実です。木を燃やして暖を取るという、原始的な方法ではありますが、それ以外の方法と比較すると、人間にとって良い効果があります。また、最近人気のカントリー風のインテリアにもぴったりです。昔使用していた人には懐かしさ、初めて使用する人にとっては新鮮さを与えてくれます。

暖かく、快適に過ごすことができます

薪ストーブの魅力は、なんといっても暖かさです。通常のファンヒーターなどは燃料を燃やして暖めた空気を排出することで空間を暖かくします。一方、木を燃やすことで暖を取る場合には、空気を排出しません。その代わり、その空間の空気を暖めてくれます。そのため、優しくやわらかく心地の良いものになります。また、灯油などの場合は消化する際ににおいが出てしまいます。消臭する機能がついたものもありますが、まったくにおわないようにするのは難しいでしょう。しかし、木を燃やす場合は、そのような科学的ないやなにおいはありません。木を燃やすことでその木が持つ匂いがすることもあります。しかし、自然な香りで癒し効果も期待できます。また、においが苦手な場合は燃やす木の種類を変更することもできます。

空間を暖めるだけじゃないさまざまな魅力

木を燃やす場合は、機械的な音は一切でることはありません。たまに、木がはじける音がするくらいでとても静かです。石油ファンヒーターやガスヒーターなどは、運転流には機械の動作音が鳴ってしまいます。また、人は炎の揺らぎを見ることで、心が落ち着きます。ろうそくなどの火はリラックス効果があり、ストレスを軽減させてくれます。薪ストーブは直接燃えているのを見ることができます。その優しい明るさで穏やかで優雅な気持ちに慣れるのも魅力のひとつです。また、空間を暖めるだけでなく料理にも使えることも魅力のひとつです。長時間煮込む必要がある料理は、上に置いておくだけで出来上がります。冬には常に燃やしているので、時間もガス代も節約することができます。暖める効果だけでなく、精神的なぬくもりや機能性も高いことが注目され人気になっています。